モリカラス 恥ずかしすぎて日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 波乗りパイレーツ/ピンクレディー(1979)

<<   作成日時 : 2006/12/29 03:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 キャンディーズも好きなのだが、どっちか1つを取れと言われればやはりピンクレディーを取る。その理由の一つとしてピンクは何度でも復活してくれるからだ。2000年に紅白で復活した時には「ウルトラマンのように地球から要請があれば何度でも復活します」と言っていたが、本当に何度も復活してくれてコンサートツアーまでやってくれている。まあそこが「キャンディーズよりピンクだ」と言わざるを得ない理由だ。「キャンディーズは見れないがピンクは見れる」この差は決定的だ。メンバーが死んでない限り100%復活はないとは言い切れないのだが、まあキャンディーズは無いでしょう。

 実は本当に一番好きなピンクの曲は「マンデーモナリザクラブ」なのだが、通ぶっていると思われるのも嫌だし、それカラオケなんかで歌っても「誰の歌?」と言われてしまうのでここではみんなが知ってる範囲での曲を選んだ。

 ・・・まあ、それでも「波乗りパイレーツ」知らない人いるかもしれませんね。

 音楽ファンによく知られているように「波乗り・・」のB面はビーチボーイズのコーラス入りの同曲USAバージョンである。すこしA面よりテンポが遅い。A面はイントロが短いが、B面のイントロはちゃんとあり、しかもそれはセックスピストルズの「ゴッドセイブザクイーン」のイントロのフレーズと同じである。(間奏でもこのフレーズは出てくる)
 サーフィンとパンクロック、・・・全く異質の物である。ミスマッチ狙いだったのだろうか。

 A/B面が逆だったら?またちょっと当時の評価が変わっていたかも知れない。TVで歌うのはA面バージョンで構わないがなぁ。



これは「夜のヒットスタジオ」かな?A面のアップテンポバージョンである。


ついでに私が本当に好きな「マンデーモナリザクラブ」も。ここでのベースは何度聴いても最高。


 他、「サウスポー」とか「ウォンテッド」見たい人はyoutubeで見れますよ。でもついでだからリンクしておきます。

「ペッパー警部」
タイトルはビートルズからインスパイアされたとばかり思っていたが、どうも違うようだ。ピンクレディはライバルのキャンディーズがビートルズ的なアプローチをしていたので意識的にビートルズ風は避けていたのかもしれない。


「SOS」
初めて聴いたときには「デビュー曲と比べて地味かな」と思ったが、それと同時に「聴きこめば絶対好きになるな」ということが小学生でも何となくわかった。当然ジワジワと曲の良さは浸透していった。この曲が嫌いな人は多分日本で1人も居ない。因みに「SOS」という曲は同名異曲で何曲もあるが、全て名曲だ。


「カルメン77」この辺からクラスで曲の振りマネをする奴が続出。実際にこの曲の振り付けが一番インパクトがあると思う。


「渚のシンドバッド」
当時、俺の沢田研二好きを批判していたハードロック好きな兄が「もう辛抱たまらん」とこのシングルを買ってきやがった。あの野郎、今だから言うが絶対にミーでヌイていたと思う。※因みに私はケイ派だ。
 

あとは疲れたのでyoutubeで探してください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
波乗りパイレーツ/ピンクレディー(1979) モリカラス 恥ずかしすぎて日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる