モリカラス 恥ずかしすぎて日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Guns N Roses/Live And Let Die(1991)

<<   作成日時 : 2007/08/30 04:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像まだ私が大学生だった頃、ガンズアンドローゼスは間違いなく世界No.1のロックバンドだった。その絶頂期のガンズがウイングスの「007死ぬのは奴らだ」をオリジナルよりワイルドに演奏したバージョンを聴いて原曲の良さを再確認した人も多いだろう。ガンズのこれは意表を突くいいセンスのいいカバーである。心なしかポールマッカートニーも90年代以降、この曲をライブで演奏するときはガンズのバージョンを意識したようなワイルドさをみせている。
 
 実は私はウイングスの「007死ぬのは奴らだ(Live And Let Die)」はあまり好きでは無かった。初めて聴いたのはウイングスの映画「ロックショウ」でのライブ映像だったのだが、そのライブバージョンがあまりいい演奏ではなかったのが私の心象を悪くした原因だ。(汚い映画館で観たという事も付け加えておく)
 このシングル盤は1973年に発売されたが英米とも1位にはなれなかった。1位になるのが良い曲という訳ではないが、ポールが007シリーズの主題歌を歌うのなら当然1位になるだろうと思われていたのがトップに立てなかった。その頃私は6歳でウルトラセブンしか興味がなかったので当時の状況が良くわからないが、この曲は「それ程評価されていなかった」と思われる。映画の主題歌でなければトップ10も難しかったかもしれない。

 ガンズは名曲を蘇らせたと言って良いかも知れない。実際呼び起こされた1人が私だ。



 これはTOKYOドームでのライブ映像。1992年頃だと思うが、これ観に行きたかったんだよなぁ。



 これはウイングスのプロモ風スタジオライブ。映画のダイジェストシーン入り。リンダがノリノリなのと、デニーレーンがベースを弾いている。


これは近年のポールのライブ。ガンズのバージョンに近い。・・・しかしリンダもデニーレーンもいない。


 そういえばどうでもいい話を思い出した。私が音楽の話がたくさん出来ると思って静岡では有名な音楽の小売店に入社し、最初の研修の日の夜、同期の連中との語らいの中、このガンズの「Live And Let Die」の話になった。
 私がウイングスのバージョンよりガンズのバージョンの方が上等だと言うと、「いやオリジナルは絶対超えられない」と言い張る馬鹿が居た。

 そんな事ないだろー、作った人より演奏が上手く出来たケースなんていくらでもあるだろうに。それにビートルズが好きな俺が敢えて贔屓抜きでガンズの方が良いって言ってるんだぜ?

 ホントどうでもいい事憶えてるなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Guns N Roses/Live And Let Die(1991) モリカラス 恥ずかしすぎて日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる